すべての記事

金の成るアイデアは寝て待て
本気で起業家を目指し、自分に対し強くコミットメントできれば、脳は、「起業のアイデアを自動的に創出」し「起業を成功に導く有益な情報」を選び出して、起業家の意識にあげてくれます。脳力の研究が進み脳科学で実証されています。著書のタイトルを「金のなるアイデアは寝て待て」と命名した所以です。さらに、起業脳が目標到達までの現在位置を割り出し、目標までの方法をナビゲートしてくれます。

起業力養成プログラム「FGブレスト脳夢起業思考」のノウハウを習得すると、起業家の意識が成功者になるための行動に自動的に仕向けられ、成功するための手段が見えてきます。どう動けば成功者になれるのか、具体的な手段が見えてくるのです。

他人からツキだと思われることも、FGブレスト脳夢起業思考のノウハウ習得者にとっては当然の行動となります。起業家を目指す人の脳や身体が、成功者になるように動きだすわけです。遺伝子と起業脳が目標到達地(起業成功)までナビゲートしてくれます。しかし、自分は成功すると信じていても、そのための努力をしていないならば、夢は永久に叶いません。目標設定と行動計画が重要です。

夢は最終地点であり、目指すべき理想でもあります。大きな夢をもつことはいつでもできますが、夢を実現するには目標が必要です。そして、大きな目標を達成するには、毎日達成する小さな目標に細分化し行動する必要があります。

願っているだけでは夢は実現しません。目標達成には目標の細分化と優先順位付けが必要です。目標を設定することは成功を収めて夢を叶えるための絶対条件です。起業家に求められるのは、漠然とした夢を夢目標として明確にし、夢目標を行動目標に置き換え、さらに大きな行動目標を細分化し続けて、優先順位をつけ行動に結びつけることです。

行動を起こすためには起業するためのアイデアが必要です。最高の起業アイデアはその人の脳に詰め込まれた材料の質と量に比例します。頭の中に材料がなにもなければよいアイデアは生まれません。様々な材料をたくさん備えているひとほど豊かなアイデアが生まれてくるものです。

計画は人間の力でできますが「ひらめき」は脳力を活用することです。頭の中に材料が沢山あればあるほどひらめきがどんどんで湧いてきます。それは脳のしくみが「ひらめき」に導いてくれるからです。成功者の著書を精査すると、精神世界と成功哲学を融合した足跡が多数見受けられます。

さらに、目に見えないこれらの融合に対し、全てが科学的に証明されるまで待っていたという、優柔不断な起業成功者は一人もいなかっことに注目すべきです。成功に導かれる理論と、自分が起業しようとするビジネスとの因果関係に、成功を引き寄せるための自らの仮説をたて行動を起こしていたのです。

脳力と遺伝子の融合を主体として「金の成るアイデアは寝て待て」のタイトルで解説している「脳夢起業思考」、そして、「A4一枚で全ての願いが叶う魔法のシート」のタイトルで解説している目標到達のための「脳夢ブレソンシート」のマスターが起業成功のポイントです。

夢を描き、夢を起業と言う手段で手に入れるというゆるぎない決断を自ら行い、夢を起業で手に入れる目標(目的)を達成するための戦略と行動計画を作り、目標達成までモチベーションを維持し、あきらめずに目標に向かっていけば、起業は必ず成功します。双方を合体し起業に特化したプログラムがFGブレスト脳夢起業思考の基盤です。


| 管理者 | 12:16 | comments (x) | trackback (x) | 第2章
金の成るアイデアを起業に活かすためのプログラムを創る
|
このページの先頭へ
CALENDAR
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前月 2018/11 次月>>
OTHERS
メルサGHAへ このページの先頭へ