プレスリリース 2019年11月

M&A生涯現役プロジェクト!
売却後の人生計画支援

公開フェイスブック交流 M&A駆け込み寺

 

M&A生涯現役プロジェクトは、中小企業経営者の売却支援並びに売却後の余暇人生を支援しようとするプロジェクトです。「エムアンドエー駆け込み寺」「M&A生涯現役交流会」「MA生涯現役倶楽部」の3事業があります。

「エムアンドエ−駆け込み寺」は売却経験者自らの経験知から、売却者目線で中小企業のM&Aに関するアドバイスをフェスブックで投稿しています。
https://www.facebook.com/エムアンドエー駆け込み寺-465474620855226/

投稿内容はアメバブログ「M&A風林火山」でもご覧頂けます。
https://ameblo.jp/hsmelsa/

「M&A生涯現役交流会」及び「MA生涯現役倶楽部」は、M&Aにチャレンンジしようとする現経営者(潜在者)、並びに売却実践した経営者 がコミュニティを形成します。
https://www.yozannet.com/facebook.html

M&Aに関与する専門家の最終地点は成約ですが、売却側経営者のM&A成約は人生の通過点です。売却後の元経営者には経営者時代とは別次元の人生が待ち受けています。M&A売却後の人生を謳歌する生きがい作りの啓蒙(アフター・エム・アンド・エー)で、売却後に迎える元経営者の孤独感を回避することを最大の目的としています。

 

実録!「M&Aで明るい老後を迎えた経営者人生」を発売。

本書は経験知で書き綴った、M&A売却で人生を謳歌している中小企業経営者の人生戦略書です。

自社売却の翌年2003年、「私が会社を売った理由」を上梓。中小企業のM&Aに理解の少なかったビジネス界に、一石を投じた書となり、その後、多くのマスメディアの皆様に取りあげていただき、中小企業M&Aの普及が加速するに至りました。そして、その16年後の2019年9月に出版した「M&Aで明るい老後を迎えた経営者人生」。49才の青年が66才になり明るい老後を迎えています。本書では、M&Aを介して明るい老後を迎えるための秘訣をまとめました。本書を題材にしたセミナーもスタートしました。
https://www.yozannet.com/pdf/seminar_outline.pdf

2003年4月出版 2019年9月出版

 

■著書構成

中小企業の事業引継ぎのひとつにM&Aがあります。企業の売買ですが活発化の様相をみせています。しかし、大半の著書やマスコミ報道は、M&Aのスキルや成約までの事例に終始しています。売却後の経営者の余生に触れることはありませんので、M&A難民の存在がベールに包まれています。サラリーマンの「定年難民」と同様に、経営者の「M&A難民」の存在に警鐘を鳴らそうというのが本書の狙いです。

後継者不足で廃業予備軍の中小企業が127万社と報じられています。高齢となった中小企業経営者の廃業に対しM&Aが最良の方法として認識されるようになってきました。優良企業が自社を売却すれば余生の資金となります。

しかし、経営者は多忙といつもつぶやきながらも、経営者の多忙は生きがいのひとつでもあったはずです。その生きがいが失われるのですから、M&Aを実践するには、売却後のしっかりとした生きがい作り計画が不可欠です。M&Aを決断実践し十六年後、明るい老後をM&Aで迎えている私の人生を開示することで、M&Aに目が向く経営者が一人でも現れるのではないかとの思いで、本書を上梓しました。

M&Aを支援する専門家の終点は「M&Aの成約」ですが、経営者のM&A成約は有意義な人生を過ごすための一手段です。本書はM&Aのスキルを教える本ではありません。会社売却決断の背景からM&Aで明るい老後を迎えるまで。一人の経営者の生き様を記した人生の戦略書です(アマゾンでご購入頂けます)
http://www.yozannet.com/book.html

本書は仙台市に本社を置く東北のメジャー新聞「河北新報」紙上で書評が掲載されまし。オンラインでもご覧いただけます。
https://www.kahoku.co.jp/special/spe1183/20191027_01.html

 

■著者紹介

鈴木均(すずきひとし)
株式会社メルサ代表取締役
〒984-0816
宮城県仙台市若林区河原町1−2−14
プラウド河原町トレサージュ1105

1953年1月28日山形県米沢市生まれ。亜細亜大学経営学部卒業。卒業と同時に東京都内の海外旅行会社に就職。27才で独立し、香港・台湾の旅行手配会社(ツアーオペレーター)を開設。1984年、身内の事情にて父親が創業した資本金一千万円、社員数50名の事業を承継するため、山形県米沢市にUターンし入社。1998年代表取締役に就任。その4年後の2002年2月、同社をM&Aで売却。同年、妻と共に株式会社メルサを第2創業。中小企業M&Aのパイオニア的存在としてマスコミから注目され、全国各地から講演依頼を受け講師を務める。筆者が実践した当時(16年前)の中小企業M&Aは、現在のように事業承継の一つの手法として理解がなかったが、「私が会社を売った理由」の出版をきっかけに、マスコミからの取材が多くなり、中小企業M&A普及の一助を担うようになる。現在、「M&Aネクストステージアドバイザー」として、売却後の人生支援を目的とした活動に勤しんでいる。

 

「エムアンドエー駆け込み寺」パートナー募集

「エムアンドエー駆け込み寺」は、アメバブログとフェスブックでM&A売却を成功させるためのアドバイスを投稿しています。投稿のたびに様々なご相談やお問合せが、全国からEmailで届きます。「エムアンドエー駆け込み寺」は商業的色彩を薄くし、株式会社メルサの創業者であるフェスブック管理者(鈴木均)の個人企画(売却後の生きがいづくり)として創設しているため、「フェース to フェース」の対応から実際の売却支援には限りのある現況です。このため、「エムアンドエー駆け込み寺」及び関連企画では、「M&A駆け込み寺」と連携し、全国で「フェース to フェース}でM&A売却の支援をしていただける専門家の皆様を募集しております。登録料他一切の費用は発生いたしません、無料です。「M&A駆け込み寺」を多くの中小企業経営者に知っていただき、投稿内容がきっかけとなり、パートナーご登録いただいた方に相談する経営者が増えることで、後継者不在中小企業の廃業を回避させることを目的としています。本企画では、パートナーの皆様の支援情報(セミナーやイベント及び相談会開催)を随時「エムアンドエー駆け込み寺」で紹介していく予定です。「エムアンドエー駆け込み寺」とパートナーの皆様が連携し、共に支援モデルを構築し、支援を必要とする経営者を開拓していくことを目的としております。

 

■本件に関するお問い合わせ

〒984-0816
株式会社メルサ
宮城県仙台市若林区河原町1−2−14
プラウド河原町トレサージュ1105
※メールで承っております。https://www.yozannet.com/contact.html

▲UP
Copyright(C)2003-2019 YOZANNET.COM All rights reserved.